BLOG

酸っぱい葡萄

フラクタル心理学を学んで便利なことの一つに、兄弟順位の知識があります。もちろん、診察やカウンセリングのみならず、日常生活で役立つ知識です。

今回はそれが役立った例のご紹介です。

 

面談希望のクライアント、Oさん。

兄弟順位・第一子。

 

長年いた部署(役職あり)から、畑違いの部署へ異動(役職なし)になり、怒りを感じている。

来室時は眉間に皺を寄せて、ピリピリした雰囲気。

・前の部門で極めていきたかったのに、取り上げられた。

・今度の部署は人との連携が大事、自分には向いてない

と、しばし怒りを口にされていました。

とても優秀そうな話ぶりですし、仕事に誇りもあるようなので、この異動は決してネガティブなものではないのでは?と思い、

「上司はどうして、そんな異動をさせたのだと思います?・・・期待されてるのでは?(=あえて苦手な連携することを学ばせて、さらに上のステージに行って欲しいのでは?)」

と聞くと、

「‥上司にもそう言われました、期待してるからだと。

でも‥出世なんかしたくないんです!!

 

(出世したくない・・。第一子、ホントかな?!)

なんだか、イソップ寓話の「酸っぱい葡萄」のよう。

※酸っぱい葡萄 あらすじ

お腹を空かせた狐は、おいしそうな葡萄を見つけた。食べようとして懸命に跳び上がるが、高いところになっていて、何度跳んでも届かない。狐は、怒りと悔しさから「どうせこんな葡萄は酸っぱいんだ。誰が食べてやるものか」と負け惜しみを言って去った。

 

Oさんの本音を察するに、

今までなら、慣れたところで苦労せずに上でいられたのに。

苦手なことに取り組みながら、下になって一から築かなければならない。

そんな苦労をなんで自分がしなきゃいけないんだ。

簡単に手に入らないなら、いらない、

元々出世なんかしたくなかったんだから!(と、思いたい)

 

怒ってる様子なので否定はせず、

「出世したくないんですね、上に行くのが向いてそうですけど‥。

今は一からだけど、今までの技術に加えて、連携の能力が備わったら最強じゃないですか。

出世はしなくても、これからどの部門にいっても、もしかしたら転職しても、絶対上手くやっていける、最高の財産になりますね。」

というと、ちょっとハッとして落ち着いてきました。

「それに、前のところにずっといたら、上に行くにも限界があるけど、今回の経験で幅が広がれば、もっと周りから信頼される上司になれるでしょうし、さらに上を目指せるかもしれないですよね。選択肢も広がりますよね。」

Oさんの顔つきが変わりました。

「そうですね、その視点はなかったです。上を目指してがんばります!」

 

やっぱり第一子は、地位が好き。

遠くにある欲しいものよりも、近くの苦労にフォーカスしてしまっていて、自分が本来、地位を望んでいることがわからなくなっていたようです。

ニコニコ笑顔になって面談を終えられて、私もホッとしました^^;

兄弟順位の知識があって、良かったなぁと思った瞬間でした。

初めて顔を合わせて信頼関係もないまま面談することも多いので、とても役立っております。