BLOG

誘導瞑想のこと。

こんにちは。

ステラルーチェ心理カウンセラーの
阿部舞美です。
^^
ご質問をいただきました。
『誘導瞑想』とはどんなものですか?
誘導瞑想はフラクタル心理学の特徴的なテクニックひとつです。
現在抱えている問題と、
似たような過去の思い出をイメージするものですが、
1つの感情に集中して、
その感情を解放する為に行います。
集中して1つの感情を見ることで
普段の論理的な脳と、
感情の脳との『橋渡し』をするイメージです。
「意識を操られる?」とか、
「乗っ取られる?」というようなものではありません。
※残念ながら出来ません 笑
カウンセラーが言葉をかけて、
催眠状態に誘導するものですが
相手はもちろん意識がある状態なので、
カウンセラーが意識を操作したり
乗っ取ることは不可能です。
ただし、
論理的な脳が優位な人、
意思の強い人ははじめは感情が出にくいこともあります。
思い出を振り返ることはあっても、
その時の感情を味わう、
浸ってみるということはあまり機会がないと思います。
当時の自分では気づけなかったこと、
認識できなかった感情、
いろんな『宝物』に遭遇できる体験です。
固まった氷を溶かして、
心に光をあてる。
頭だけじゃなく、
心に認識の光が射すと人は本当の意味で癒されると言われています。
まずは感情をしっかりと感じることが大切です。
誘導瞑想で感情を溶かして、
起こっている現象から分析する。
この両方を組み合わせて、
フラクタル心理学のカウンセリングは問題をとらえていきます。